産経ニュース

【解答乱麻】「空気を読んでも、空気に流されるな」 公、道徳から乖離してはならない  武蔵野大教授・貝塚茂樹

ニュース コラム

記事詳細

更新

【解答乱麻】
「空気を読んでも、空気に流されるな」 公、道徳から乖離してはならない  武蔵野大教授・貝塚茂樹

 「それは公か、それとも私か?」。幕末・明治の英傑、勝海舟は、議論の際によくこう相手を問い質(ただ)したという。勝にとって、その意見や主張が公心から出たものか、それとも私心に支配されたものであったかが決定的に重要であった。

 勝の人物批評は時に辛辣(しんらつ)であった。私心から出た言葉を弄する人物を嫌い、公心を生き方の基軸とした人物を好み、信を置いた。勝にとって、西郷隆盛、横井小楠、新島襄などは間違いなく「公の人」であった。

 昨年から繰り返された森友、加計問題。事の真偽はともかく「忖度(そんたく)」という言葉が話題となった。辞書的に言えば「忖度」とは「他人の心を推し測ること。また推し測って相手に配慮すること」といった意味である。「他者」の気持ちを推し測り行動することは道徳的に考えても決して悪いことではない。

 また「忖度」と同様に注目されたのが「空気」だ。「空気」については山本七平氏の『「空気」の研究』(1977年)という秀逸の日本人論がある。「全般の空気よりして、当時も今日も(大和の)特攻出撃は当然と思う」という当時の軍令部次長の言葉に拘(こだわ)りながら「空気」の本質を見極めようとした。

続きを読む

「ニュース」のランキング