産経ニュース

【主張】早い梅雨明け 予期せぬ影響に備えたい

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
早い梅雨明け 予期せぬ影響に備えたい

 驚くほど早い梅雨明けである。気象庁は、6月29日に関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。

 一方、西日本や北日本では豪雨や長雨の空模様で、列島の天気が分断された感がある。

 関東甲信で6月中に梅雨が明けるのは、統計を開始した昭和26年以降、初めてのことだ。

 首都圏は平年より1カ月近く早く猛暑にあぶられることになる。真夏を乗り切るための貯水量も心配だ。このまま梅雨が戻らなければ、今夏の首都機能は、厳しい試練にさらされよう。

 まずは、熱中症への警戒が欠かせない。高齢者などは生命にかかわることもある。予防には、水分と塩分の補給だけでなく、十分な睡眠と休養を心がけたい。

 炎天下の外出や運動を避けなければならないが、7月下旬まで学校は続く。学校側には児童・生徒を熱中症から守るための配慮が例年以上に必要だ。

 首都圏の水事情も気がかりだ。貯水池に雨水がたまらないまま晴天と炎暑が続けば飲料水、生活用水とも不足する。給水制限や断水は日常生活を脅かす。

 暑さは電力需要を押し上げる。首都圏に電力を安定供給してきた原発は、全基停止中である。

 電力消費量の急上昇に、太陽光や風力発電の再生可能エネルギーだけでは対応できない。

続きを読む

「ニュース」のランキング