産経ニュース

【正論】新元号は天皇ご即位後に発表を 国士舘大学特任教授・日本大学名誉教授・百地章

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
新元号は天皇ご即位後に発表を 国士舘大学特任教授・日本大学名誉教授・百地章

国士舘大学特任教授、日本大学名誉教授、百地章氏 国士舘大学特任教授、日本大学名誉教授、百地章氏

 ≪「便宜主義」が先行していないか

 御代替わりに伴う新元号の事前公表について、現在、政府では1カ月前の公表を想定して、準備を進めているという。国民生活に支障が生じないようにとの理由によるもので、このような配慮はよく分かる。しかし、これまでの議論を振り返ると、まず「事前公表ありき」の感があり、元号の本来の意味や皇室の伝統を無視した「便宜主義」が先行していないか危惧を覚える。

 歴史的・伝統的には、天皇に元号の制定権があり、「天皇の統治権が最も名目化した戦国時代でさえ、天皇は元号制定権と官位授与権を有していた」(石井良助『天皇』)。これを成文法化した旧皇室典範は「践祚(せんそ)〔即位〕ノ後元号ヲ建テ…」(12条)と定めていたが、戦後、この典範は失効し、昭和54年に国民の強い要望を受けて「元号法」が制定された。

 元号法では「元号は、政令で定める」(1項)とされ、内閣に元号制定権が認められることになった。しかし、皇室の永い伝統を踏まえ、先の御代替わりの際には、元号を正式に決定する閣議の前に今上陛下に新元号案が上奏され天皇の「ご聴許」を得ている。これこそ、国民主権のもと天皇を「国民統合の象徴」と仰ぐ新憲法下の改元に相応(ふさわ)しいものといえよう。

 政府は、次の御代替わりについても「憲法の趣旨に沿い、かつ皇室の伝統等を尊重」「平成の大礼を踏襲して挙行する」(政府・式典準備委員会)としており、新元号の決定についても、当然、新天皇のご聴許をお願いすべきであろう。となれば、そもそも新天皇のご即位以前に新元号を決定し、事前に発表することが果たして妥当なのか、再検討をする必要があると思われる。

続きを読む

「ニュース」のランキング