産経ニュース

【日曜に書く】「後輩のためにも引退したらどうですか」 経営者たちが迎える「定年後」 論説委員・井伊重之

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
「後輩のためにも引退したらどうですか」 経営者たちが迎える「定年後」 論説委員・井伊重之

 ある大手上場企業の幹部から冗談めかして頼まれたことがある。「うちのトップに『後輩たちのためにも、いいかげん引退したらどうですか』と言ってくださいよ」

 そのトップとは社長、会長を歴任した後、相談役に退いた。しかし、社内で隠然たる権力を持ち続け、とくに社長の選任には絶大な影響力があったという。幹部たちは煙たがっていたが、だれも引退を促すことができなかった。

上場企業8割に相談役

 別の大手企業では、経営に口出しする社長OBを何とか排除するため、幹部たちがその人に就いてもらう財界団体の役職探しに奔走している。

 「人生100年時代」を迎え、サラリーマンの定年後の過ごし方が関心を集めているが、経営者たちの退任後のあり方も見直すべきだろう。

 大手企業の多くは社長経験者を相談役、常務以上の役員経験者を顧問などとして取締役を退任した後も処遇している。経済産業省によると、日本の上場企業で相談役や顧問などの役職を設けているのは全体の8割にものぼるという。

 ある大手銀行には相談役が集まる「相談役会」と呼ばれる組織があり、定期的に頭取が経営の状況を説明している。取締役会のメンバーではない人たちの集まりであり、そこで頭取らに出された指示などは社外からはもちろん、時には社内でもうかがい知ることができない。

続きを読む

「ニュース」のランキング