産経ニュース

【主張】W杯日本代表 KOラウンドに期待する

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
W杯日本代表 KOラウンドに期待する

 産経新聞は2014年の正月、「2020年 111人の予想図」と題して各界のトップにアンケートを行った。この中で日本サッカー協会元会長の川淵三郎氏は「フル代表は全員が海外のトップクラブで活躍している」と答えている。当時の初夢は、時を前倒しして理想に近づいている。

 日本が初めてW杯に出場した20年前のフランス大会では、代表選手の中に欧州クラブ所属の選手は一人もいなかった。それが今や、多くの代表選手にとって各国のエースらは日常の対戦相手であり、同僚である。20年の進歩を支えたのは、こうした若い選手らの海外への雄飛である。

 ただしW杯の決勝トーナメント進出は02年、10年大会に次いで3度目である。引き分けのない、ノックアウト(KO)ラウンドのここからが、本当のW杯ともいわれる。次戦の相手は優勝候補のベルギーだ。16強の壁を破り、新たな地平を開いてほしい。

「ニュース」のランキング