産経ニュース

【オリンピズム】嘉納治五郎と幻の東京大会(13)国威発揚に利用されたベルリン

ニュース コラム

記事詳細

更新

【オリンピズム】
嘉納治五郎と幻の東京大会(13)国威発揚に利用されたベルリン

「友情のメダル」。西田と大江が、互いのメダルを半分ずつつなぎ合わせて作った 「友情のメダル」。西田と大江が、互いのメダルを半分ずつつなぎ合わせて作った

 10万人収容の巨大なメインスタジアムが建設され、競技場の整備も進む…。3500人収容の選手村も完成していった。先端技術の導入にも積極的で、陸上競技や競泳では着順を正確に計るための写真判定装置も取り入れられた。総統のヒトラーが、世界にその威信と正当性を示す好機ととらえた五輪、それが1936年ベルリン大会だった。

 こうした準備状況を目にした嘉納治五郎は「オリムピック精神も又経費の濫費の為に失はれるに至るのであらう事を恐れる」と述べ、政治利用や大会の肥大化に警戒感を示す。だが、そんな懸念とは裏腹に、ナチス政府は五輪を宣伝の場と位置づけて利用していく。媒体として重視されたのは記録映画だった。新進の女性監督、リーフェンシュタールを抜擢(ばってき)し、協力を惜しまずに撮影を支えた。スポーツの美と力をテーマに、撮られた「オリンピア」には選手が抱える孤独、不安といった内面と、躍動感あふれる肉体の動きが見事に融合され、鮮やかに切り取られた。その工夫を凝らした映像は、ドイツを快く思っていない各国の映画関係者からも絶賛を得る。また、いまに続く聖火リレーが初めて採用されたのもこの大会からだった。

続きを読む

「ニュース」のランキング