産経ニュース

【主張】竹島と慰安婦問題 韓国の不当な行動を正せ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
竹島と慰安婦問題 韓国の不当な行動を正せ

 韓国が竹島(島根県)や慰安婦問題を材料に、またもや不当な行動をとりだした。

 日韓関係を悪化させる文在寅政権の振る舞いは、今に始まったことではない。だが、南北融和ムードが高まるなかで、韓国が北朝鮮との共闘まで図りながら、反日姿勢をあらわにしているのは看過できない。

 北朝鮮問題をめぐり、日米韓の連携や協力が重要な折である。文政権には猛省を求めたい。間違った行動はやめてもらいたい。

 竹島について、韓国は北朝鮮と組んで、国際社会に不当な宣伝をしようとしている。南北は実務協議で、今夏のジャカルタ・アジア大会の開閉会式において、双方の選手団が掲げる統一旗を取り上げた。竹島が描かれた図柄を用いることを話し合った。

 平昌五輪・パラリンピックでは韓国の意向で竹島が描かれていない統一旗が用意された。北朝鮮は反発したが、五輪・パラリンピックの政治利用は認められないのだから当然の措置である。

 アジア大会では、一転して政治を持ち込もうというのか。これを許せば、2020年東京五輪・パラリンピックでも、竹島入り統一旗を使うと言い出すだろう。

 韓国は竹島と周辺海域で軍事演習も行った。政府が竹島入りの統一旗の問題と演習に抗議したのは当然である。

 極めて心もとないのは、慰安婦問題をめぐる韓国の動きに対し、日本政府の反応が鈍いことだ。

 康京和外相は記者会見で、慰安婦問題を「戦時の性暴力という深刻な人権問題として国際社会で定着」させる事業について語った。その事業の委員には、慰安婦問題に携わる市民団体代表や専門家らを起用した。

 日韓両政府は「国連など国際社会」では、慰安婦問題について「互いに非難・批判することは控える」と合意している。韓国の事業は、この日韓合意を踏みにじるものにしかみえない。韓国外務省は「慰安婦問題とは無関係」と釈明したが、康氏の会見での発言が本音であろう。

 当初は事業に不快感を示していた河野太郎外相は「韓国から丁寧に説明してもらった」と、問題視しない立場に転じた。だが、南北や米朝の動きにかかわらず、反日が続けば連携は成り立たない。揺らいではならない点である。

「ニュース」のランキング