産経ニュース

【日曜に書く】河野太郎外相が「勝負色」の赤ネクタイに秘めた思い 論説委員・清湖口敏

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
河野太郎外相が「勝負色」の赤ネクタイに秘めた思い 論説委員・清湖口敏

北京の中南海で中国の李克強首相(右)と握手する河野太郎外相=1月28日(共同) 北京の中南海で中国の李克強首相(右)と握手する河野太郎外相=1月28日(共同)

 女性に比べ服飾で自己表現することの難しい男性にとって、ネクタイは例外的に自己主張の強い武器となり得る。ただし武器の用い方を誤ると、例えばピンクのネクタイで謝罪の場に赴いた某前監督のように、違和感だけが浮き立ってしまう。先週の本欄でも鹿間孝一論説委員が「(謝罪にピンクは)ふさわしくない」と断じていた。

 ネクタイは、昨今はともかく、かつては父の日のギフトの定番だった。恐らくその頃にもらった赤のネクタイを、私は一度も勝負色として生かすことなく捨ててしまったのである。今ではそのことが悔やまれてならない。(せこぐち さとし)

「ニュース」のランキング