産経ニュース

【主張】福島第2廃炉へ 基本計画の達成が危うい

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
福島第2廃炉へ 基本計画の達成が危うい

 東京電力が、福島第2原子力発電所(福島県楢葉町、富岡町)の原子炉全4基を廃炉にする方針を固めた。

 7年前の東日本大震災以前には、第1原発分と合わせ、計10基が福島県内に立地していたが、その全てが姿を消す。

 関西電力の大飯1、2号機が昨年12月に、今年3月には四国電力の伊方2号機が廃炉を決定したばかりだ。

 福島第2原発の廃炉が承認されると、日本の発電用原子炉は35基になる。米、仏に次ぐ原発大国だった日本の保有数は、中国を下回って世界4位への後退だ。

 政府はエネルギー政策で、原発依存度を可能なかぎり低減するとしているが、7年余で19基を失うのは急激な変化に過ぎる。

 地球温暖化防止の国際的取り組みである「パリ協定」で、日本は2030年度の時点で26%の二酸化炭素排出減を公約している。

 だが、運転で二酸化炭素を出さない原発がこれだけ減っては、達成が危ぶまれる状況だ。

 今夏に閣議決定される「エネルギー基本計画」でも、原子力発電は30年度に全電源の20~22%をまかなうことになっているが、こちらも同様におぼつかない。

続きを読む

「ニュース」のランキング