産経ニュース

【日曜に書く】日大「失敗の本質」 甘い想定、逆ギレ会見、逃げた?トップ… 論説委員・鹿間孝一

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
日大「失敗の本質」 甘い想定、逆ギレ会見、逃げた?トップ… 論説委員・鹿間孝一

日大・田中英寿理事長  日大・田中英寿理事長 

 日本大学は大きな誤りを犯した。

 関西学院大とのアメリカンフットボールの定期戦での悪質な反則タックルは、スポーツを汚す行為だが、それだけではない。事後の対応があまりにお粗末だった。

 近年、企業の不祥事が相次ぎ、コンプライアンス(法令順守)や危機管理の重要性が叫ばれている。しかも日大には危機管理学部があるというのに、どうしたことか。

 3つの観点から「失敗の本質」に迫りたい。

 ◆最悪を想定せよ

 危機管理の要諦は、まずは最悪の事態を想定して、そうならないためにはどうしたらいいかを考えることである。だが、とかく大事(おおごと)にはならないだろうと楽観しがちである。日大もそうだった。

 反則タックルが監督や担当コーチ(いずれも辞任)の指示だったのでは、と取り沙汰されているのに、「指導と選手の受け取り方に乖離(かいり)があったのが問題の本質」という説明をした。誤解した選手が悪いというニュアンスだ。

 事実を隠蔽(いんぺい)しない、うそをつかない、責任を転嫁しない-も危機管理の基本である。

 日大アメフット部において監督は絶対的な存在で、選手は反抗できない。だから前述の説明で乗り切れると思ったのだろうが、甘かった。

 反則タックルをした選手が記者会見して、指示の内容を詳細に明らかにしたことで、一気に風向きが変わった。「そうでなければ謝罪にならない」と顔を出したのも、同情と好感を呼んだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング