産経ニュース

【ソウルからヨボセヨ】南北首脳会談でブームの「平壌冷麺」 でも何をもって平壌なのか

ニュース コラム

記事詳細

更新

【ソウルからヨボセヨ】
南北首脳会談でブームの「平壌冷麺」 でも何をもって平壌なのか

夕食会で言葉を交わす、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と韓国の文在寅大統領=5月27日午後、板門店の韓国側施設「平和の家」(韓国共同写真記者団撮影) 夕食会で言葉を交わす、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と韓国の文在寅大統領=5月27日午後、板門店の韓国側施設「平和の家」(韓国共同写真記者団撮影)

 板門店での最初の南北首脳会談(4月27日)の後、韓国ではちょっとした「平壌冷麺(ピョンヤン・ネンミョン)」ブームになっている。文在寅大統領主催の晩餐(ばんさん)会に、金正恩委員長が平壌から製麺機を取り寄せ作らせた「平壌冷麺」を提供し話題になった。これに刺激された人々が昼飯時に「平壌冷麺」の店に押しかけているのだ。季節が暑くなったこともあるが、何かと関心が「ワーッ」と集中する韓国的風景ではある。

 冷麺も基本はそば粉で、つなぎのジャガイモのでんぷんが多いとツルツルしてコシが強くなる。スープは今や肉ダシが多いが、貧しかった昔は塩味のキムチ汁(トンチミ)だけというごく素朴なものだった。もともと北朝鮮の食べ物で、朝鮮戦争後に脱北者たちが韓国に持ち込み定着したという。ソウルには北出身者による「平壌冷麺」と銘打った老舗が多いが、麺の色やトッピングの具、スープの味・色などさまざまで何が「平壌」なのかよく分からない。味より地名が付加価値になっている感じか。

 肉スープに牛肉や卵、野菜・果物・キムチなどを添えた豪華(?)な今風はむしろ「ソウル冷麺」というべきだろう。先年、日本で食した「盛岡冷麺」はジャガイモでんぷんが多いせいか白っぽくて太くコシが強いのに驚いたが、冷たくいただけば冷麺だからあれでいいのかもしれない。(黒田勝弘)

「ニュース」のランキング