産経ニュース

【産経抄】6月3日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
6月3日

 歌人の小池光さんに風変わりな一首がある。〈信長が斃(たほ)れし齢(とし)にわれなりて住宅ローン残千八百万〉(歌集『静物』所収)。天下統一の夢に破れて果てた人、夢のマイホームを手に入れながら月々の返済にあえぐ人、その対照に微苦笑を誘われる。

 ▼織田信長は50歳を前に自刃した。本能寺の変がなければ、生涯を現役として駆け抜けたはずである。働ける年齢が延びた今の時代、「定年まで残りわずか」とローンの完済を急ぐ人はどれほどいるのだろう。「定年」という言葉の意味が極めて曖昧に思えてもくる。

 ▼少子化時代に不足する労働力を、定年後も余力十分の世代に求めるのは成り行きといっていい。問題は、長年の経験や円熟の技につける値段である。多くの企業で実施されている定年後再雇用者の賃下げについて、大部分は「不合理ではない」と最高裁が容認した。

 ▼手元に退職金がある。年金支給も近い。それらの事情を踏まえた判断は理解できるが、高齢者が経済的に行き詰まる「長生きリスク」の言葉もある。やがて来る「人生100年」の時代を思えば、定年後に待つ人生の山坂も多い。再雇用者には厳しい知らせだろう。

 ▼企業の側が、今回の判断にあぐらをかかれては困る。厚生労働省によると、定年制を廃止した企業は3%に満たないという。「生涯現役」の意気を胸に秘めた人は少なくないはずである。「余生」などと聞けば鼻で笑ったであろう信長も、この現状に黙っていまい。

 ▼歌人の窪田空穂に最晩年の歌がある。〈最終の息する時まで生きむかな生きたしと人は思ふべきなり〉。70歳で早稲田大教授を定年退職した後、歌集を4冊出し、昭和42年に89歳で他界した。「余生」の字を辞書に持たぬ人は、半世紀前にもいた。

「ニュース」のランキング