産経ニュース

【正論】「独立自尊」の文化引き継ぐ年に 文芸批評家・新保祐司

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
「独立自尊」の文化引き継ぐ年に 文芸批評家・新保祐司

文芸批評家、都留文科大学教授・新保祐司 文芸批評家、都留文科大学教授・新保祐司

 今年は明治150年である。明治という偉大な時代への回顧が、日本国民の中で広くなされなければならない。日本が日本人の単なる集合体ではなく、日本国民によって形成される国家であるためには、「明治」という国家から多くのものを受け継がなくてはならないからだ。司馬遼太郎の『「明治」という国家』を思い出すまでもなく、「明治」は日本人が打ち立てた栄光の国家であった。

 ≪昭和10年代は明治70年代である

 幕末に西洋文明と遭遇した日本は激動の時代を経て、嘉永6年の黒船来航から数えるならば15年かけて明治維新を成し遂げた。この歳月は、日本民族が「明治」という時代に向かって歩むにあたって与えられた試練であり、ユダヤ民族に「荒野の40年」があったことを思い出すならば、日本民族にとっての「荒野の15年」であった。

 そして、幕末維新期に日本の伝統という台木に西洋文明が接木された。その結果、坩堝(るつぼ)のような明治初年の時代となった。明治22年2月11日の大日本帝国憲法発布までの明治初年は、「異形の明治」とも呼ぶべき可能性に満ちた時代であった。その可能性の中から、栄光と悲劇に彩られた明治文化が創造されていったのである。

 明治から平成の今年に至る、この150年のほぼ半分のところにあたる時代が昭和10年代である。今日、昭和10年代というと、「戦前」とか「軍国主義の時代」とか言われるが、昭和10年代を明治70年代と捉えることで近代日本の精神史の風景は大きく変わって来るのではないか。明治は45年で終わり元号では大正となったが、「明治の精神」は明治70年代である昭和10年代にようやく成熟を迎えたと言っていいのである。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング