産経ニュース

【春風亭一之輔の直球&曲球】噺家殺すにゃあスマホ一発鳴らしゃいい 

ニュース コラム

記事詳細

更新

【春風亭一之輔の直球&曲球】
噺家殺すにゃあスマホ一発鳴らしゃいい 

春風亭一之輔さん(寺河内美奈撮影) 春風亭一之輔さん(寺河内美奈撮影)

 落語会や寄席の客席で、携帯電話やスマホの着信音が一度も鳴らない…という日は、奇跡に近い。鳴らすお客はだいたい中高年。若者にはまずいない。事実なんだからしようがない。

 そもそも電源の切り方を知らない人もいる。開演前に係員が場内を回り、代わりに電源を切ってあげる公演もあった。親切だけど、鳴らすような人はそもそも「私、切り方わかりません!」と手を挙げたりしない。『着信音で公演が台無しになる』という想像力が最初からないから、「まぁ、大丈夫だろう」とたかをくくる。

 地方公演だと、終演間際の一番いいシーンで鳴ることが多い。これはご高齢のお客さんを家族が車で迎えに来て、「駐車場に居るよ。まだ終わらないの?」と知らせる電話のようだ。まだ終わってないのに席を立たれたこともある。それは私の芸のせいかもしれないけど…だったらごめんなさい。

 口を酸っぱく言っても鳴るので、われわれ噺家(はなしか)も対応がうまくなる。着信音が鳴ると、アドリブで「おーい! 電話だよ! 早く出ないと落語先に進まないよ!」などと登場人物に言わせたりして。そうするとワッとウケる。ひとつのクスグリとなるのだが…。

続きを読む

「ニュース」のランキング