産経ニュース

【主張】中国とWHO 稚拙な台湾外しをやめよ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
中国とWHO 稚拙な台湾外しをやめよ

 文化大革命中の中国では、失脚した幹部が病気治療すら拒まれ非業の死を遂げた。医療や保健より政治を優先する硬直した発想だが、今の中国も当時とさほど違わないようにみえる。

 今月21日からジュネーブで始まる世界保健機関(WHO)総会に台湾が参加できなくなった。オブザーバー参加を求めていたが、登録期限までにWHO事務局から招待状が届かなかった。

 「一つの中国」をめぐる中国の圧力が背景にある。中国が医療・保健衛生の国際協力を妨げ、WHOがそれに屈する構図は異常そのものだ。

 台湾が締め出されるのは、民進党の蔡英文政権になって2年連続だ。馬英九前政権では2009年から8年連続で台湾のオブザーバー参加が認められた。馬氏の国民党が両岸(中台)関係で中国と歩調を合わせた見返りだ。

 中国外務省の報道官は「招待されないのは民進党当局の責任」と語った。政治対立が妨害の理由と認めたに等しい。共産党独裁の中国と価値観は共有できない。それでも大国と言いたいなら、こうした稚拙な振る舞いはただちにやめるべきだ。

 米政府の出先機関である米国在台協会(AIT)は「米国は台湾がオブザーバーとしてWHO総会に参加することを強く支持する」と表明した。当然のことだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング