産経ニュース

【産経抄】5月6日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
5月6日

 ▼木々の緑をはらんだ風が、汗ばむ首筋に心地よいひとはけを残すのもこの時期だろう。「風景の美しさの半分は、空が受け持っている」と井上靖は書いた。小紙の社屋がある東京・大手町は、風景のあらかたを高層ビルが受け持つものの、空の青はそれゆえ映える。

 ▼季節は正直なもので、先日まで路面に落ちていた建物の長い影を払うほどに真昼の太陽は高い。頭上から落ちてくる日差しの厳しさは、はや真夏のそれである。6月下旬の夏至に向けて日脚もまだまだ伸びていく。

「ニュース」のランキング