産経ニュース

【ポトマック通信】「匿名社会化」…企業の「顔」が遠くなった

ニュース コラム

記事詳細

更新

【ポトマック通信】
「匿名社会化」…企業の「顔」が遠くなった

 米国の役所や企業などにコメントを求める際、電子メールを使って取材することがある。取材窓口となる広報担当者の連絡先のメールは、政府でも会社でも、だいたいは担当者名とともにウェブサイトに掲載されている。メールで質問を伝達しておけば、回答も早かったりして便利なのだ。

 担当者はスマートフォンを使っているのだろう。終業後の時間帯にメールしても、関連資料とともに、早々に返答してくれる場合もあった。もちろん、返答すらないこともあるのだが。

 一方、ある取材で日本企業に対し、コメントを求めようとしたことがあった。ところが最近、日本企業のサイト上の広報文に、担当者名や電話、メールなどの個人情報が掲載されていないケースが増えた。以前は必ず記載されていたものだが…。結局、把握できた代表番号に電話したものの、時差の関係で日本時間の夜遅くにかけた電話には、当然、誰も出なかった。

 その昔、広報担当者との雑談の中で、ネット上の広報文に個人名や電話が記載されていると、「クレーマー」のような外部からの電話が頻繁にかかって、困ったことがあったとの話を思い出した。日本の傾向を、ひとくくりに「匿名社会化」といえるか分からないが、取材窓口となる企業の「顔」が遠くなった印象は否めない。(塩原永久)

「ニュース」のランキング