産経ニュース

【主張】G7外相会合 圧力継続の確認は当然だ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
G7外相会合 圧力継続の確認は当然だ

22日、カナダ・トロントで開かれたG7外相会合に出席する河野外相(手前右から2人目)ら(ロイター) 22日、カナダ・トロントで開かれたG7外相会合に出席する河野外相(手前右から2人目)ら(ロイター)

 北朝鮮による核実験などの中止表明について、先進7カ国(G7)の外相会合は、核廃棄の言及がないと指摘し、北朝鮮へ最大限の圧力を続けることを確認した。

 金正恩朝鮮労働党委員長による表明は「核戦力完成」の誇示である。だから核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験が不要になったというにすぎない。

 G7外相会合が「前向きな対応」としてのみとらえなかったのは正しい。核不拡散体制を逸脱した北朝鮮の脅威が減じるわけでは全くない。国際規範と安全保障を重視する以上、北朝鮮に厳しい対応をとるのは当然である。

 北朝鮮の欺瞞(ぎまん)的な言動に呼応する形で、国際社会の対北圧力に緩みが生じることがないようにしたい。制裁がおろそかになっては取り返しがつかなくなる。

 「核実験中止」表明から時間を置かずに開かれたG7外相会合で、圧力継続を確認できたのはよかった。この認識を各国に広げるべきである。

 河野太郎外相は、カナダのフリーランド外相やフランスのルドリアン外相と個別に会談し、制裁破りの「瀬取り」阻止での連携を申し合わせた。

続きを読む

「ニュース」のランキング