産経ニュース

【産経抄】4月18日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
4月18日

 音声を録音されていたと後に知って、地団駄(じだんだ)を踏んだに違いない。といっても、現在セクハラ発言疑惑の渦中にいる、財務省の福田淳一事務次官について書こうというのではない。

 ▼始まりは、1978年1月に香港で起きた韓国の女優、崔銀姫(チェ・ウニ)さんの失踪事件だった。半年後、崔さんを捜しに現地を訪れた、元夫で映画監督の申相玉(シン・サンオク)さんも姿を消す。今から振り返ればこの年、日本をはじめ各国で北朝鮮の工作員が暗躍し、多数の拉致事件を引き起こしていた。

 ▼2人も被害者だった事実が明らかになるのは、86年に仕事で出かけたウィーンで米国大使館に亡命を果たしてからである。映画ファンだった当時の金正日(キム・ジョンイル)書記は、北朝鮮で再婚した2人に拉致の目的についてこう語った。「いい映画をつくりたかったんですよ。工作組織に話をして、ちょっとひっぱってこい、と」。

 ▼崔さんはハンドバッグに録音機をしのばせていた。正日氏は2002年の日朝首脳会談で、拉致事件の存在を認めながらも、「妄動主義者」の仕業と言い逃れていた。しかし、正日氏の甲高い音声を聞けば、指示があったのは明らかである。

 ▼崔さんの訃報が昨日届いた。申さんは12年前に亡くなっている。北朝鮮での再会、心ならずも映画製作に励んだ日々、監視員の追跡を振り切っての脱出劇…。2人はまるで映画の原作のような手記『闇からの谺(こだま)』(文春文庫)を残している。

 ▼崔さんは、韓国人以外の外国人拉致被害者を目撃し、日本人についても聞いていた。ところが脱出後、日本で拉致を問題視する声が起こっていないと知り、首をかしげている。阿部雅美さんが「私の拉致取材」の連載で何度も指摘している通り、社会の甘さとメディアの「不報」が原因だった。

「ニュース」のランキング