産経ニュース

【清水満のスポーツ茶論】プロ野球と男子ゴルフに見る、プロフェッショナルなファン対応 

ニュース コラム

記事詳細

更新

【清水満のスポーツ茶論】
プロ野球と男子ゴルフに見る、プロフェッショナルなファン対応 

10日の巨人戦で100セーブを達成したDeNAの山崎康晃=東京ドーム(撮影・今野顕) 10日の巨人戦で100セーブを達成したDeNAの山崎康晃=東京ドーム(撮影・今野顕)

 先週の巨人戦(10日、東京ドーム)で通算100セーブを記録したDeNA・山崎康晃(25)。新人1年目から大役を託され、スターになったが、その姿勢は常に謙虚である。

 「こんにちは…」

 グラウンドで何度か会う程度だが、礼儀正しく、いつも笑顔を浮かべている。気軽にファンのサインに応じる姿もよく見た。そんな男が信念としていた思いを聞いたことがある。

 「結果が出ないときなんて(ファン対応が)おっくうになることもあります。けど、やらなかったらファンに対して、プロとしてどうかな?って思う」

 DeNAが2012年から球団経営に乗り出してから観客動員は飛躍的にアップした。昨年は約198万人と横浜時代(11年)に比べ約80%増。球場をアミューズメントパーク化し、イベントを充実させるなど企業努力もある。だが山崎のような『きめの細かいファン対応』を、選手たちが日頃から積み重ねたことに原点がある気がする。

 いま球界全体にプロフェッショナルなファン対応を感じる。昨年のセ、パ両リーグ観客動員数は2513万9463人。過去最高だったのもうなずける。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング