産経ニュース

【主張】南シナ海 中国の「力の支配」許すな

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
南シナ海 中国の「力の支配」許すな

 中国の習近平政権は、軍事力をかざして覇権を追求する強国路線をとる。それを、南シナ海をはじめとするアジア太平洋の海にまで及ぼそうとしている。

 国際法を無視して造成した人工島の軍事化を進める南シナ海で、中国海軍が大規模な実弾演習と習国家主席の観閲を伴う観艦式を実施した。

 空母「遼寧」や新型潜水艦を含む艦船48隻、軍用機76機、約1万人の将兵が観艦式に参加した。これに先立ち、「遼寧」を含む艦隊は実弾演習を行った。

 習氏は観艦式の演説で「世界一流の海軍を建設」し、「断固として国益を守る」ことを命じた。

 18日には中国は台湾海峡でも軍事演習を行う。高官の相互訪問を促す米国の「台湾旅行法」の成立など最近の米台関係緊密化の流れに反発したものとみられる。

 軍事力を露骨に誇示し、南シナ海などの「支配」を認めさせ、国威を高めることができると思っているとしたら稚拙である。

 南シナ海で人工島を造成し、軍事基地化を進める中国の行動は国際法に反すると、ハーグの仲裁裁判所が2016年7月にはっきりと裁定している。中国は提訴国のフィリピンのドゥテルテ大統領を経済力で懐柔しているが、それにより人類共通の国際ルールが覆ったわけではない。

続きを読む

「ニュース」のランキング