産経ニュース

【正論】前川喜平氏は「教育の中立性」侵すな 教育研究者・藤岡信勝

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
前川喜平氏は「教育の中立性」侵すな 教育研究者・藤岡信勝

教育研究者・藤岡信勝氏(栗橋隆悦撮影) 教育研究者・藤岡信勝氏(栗橋隆悦撮影)

 文部科学省前事務次官の前川喜平氏は2月16日、名古屋市の公立中学校に講師として招かれ、全校生徒を対象に「総合的な学習の時間」の授業を行った。テーマは、前川氏の生き方を学ぶというものであった。これについて文科省は3月1日、15項目の質問を名古屋市教育委員会にメールで送り、前川氏を呼んだ授業の狙いなどを問い合わせた。

≪文科省調査は合理的根拠がある≫

 この文科省調査について、「教育の中立性を侵すもの」であるとの批判が一部でなされている。また、前川氏自身も、教育基本法第16条が禁じる「不当な支配」にあたる可能性が高いと発言している。

 さらに、文科省調査の背景には自民党議員の照会があったといわれ、与野党で議論となった。15項目の質問は、文科省という役所の品位を傷つけた前事務次官の行動への怒りがにじみ出ているが、一般人にはあまりに執拗(しつよう)で細部にわたるという印象があるだろう。

 しかし、文科省の調査自体を違法であるかのように批判する議論には根本的な問題がある。文科省への批判が「教育の中立性」や「不当な支配」の意味を正しく理解した上でのものとは到底考えられないからである。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング