産経ニュース

【主張】米台の高官往来 安定乱す中国への牽制だ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
米台の高官往来 安定乱す中国への牽制だ

 トランプ米政権が台湾との関係強化に動いている。蔡英文政権に対し、中国が圧力を高めているためで、台湾との高官往来を促す「台湾旅行法」を制定した。

 台湾海峡をはさむ両岸関係は、政治、経済、軍事の各分野で一方的な中国優位に傾いている。

 これはアジア地域の秩序と米国の国益に反しており、受容限度を超えている。米議会、政権がそう判断した結果である。

 中国は「一つの中国」の原則違反だと反発している。しかし、両岸関係の均衡を崩してきたのはだれかを、考えるべきである。

 米国は1979年に中国と国交正常化した。「台湾関係法」で台湾の存立を支えたが、対中配慮もあって高官の相互訪問や政府レベルの接触を抑制してきた。

 旅行法の制定はこの対応を改めようとするものだ。自由や民主主義の価値観を、大陸と共有することはできない。中国を牽制(けんせい)し、米台共通の価値を守る有効なカードとなろう。

 すでに米国からは国務、商務両省の高官や議会要人、台湾からは蔡英文総統の側近がそれぞれ訪問し、所要の会談を行った。閣僚級以上の訪問も今後の課題だ。

 最近の中国の露骨な圧力強化への危機感は強まっている。3月だけでも、中国空母「遼寧」が台湾海峡を通過し、沖縄本島と宮古島の間の空域やバシー海峡上空には長距離巡航ミサイルを搭載できるH6爆撃機が飛来した。台湾への軍事威嚇であることは明白だ。

続きを読む

「ニュース」のランキング