産経ニュース

【オリンピズム】メルボルンの風(下)一艇ありて一人なし

ニュース コラム

記事詳細

更新

【オリンピズム】
メルボルンの風(下)一艇ありて一人なし

メルボルン五輪のボート競技エイト種目で準決勝に臨む日本代表、慶大クルーの衣非宏監督(右から3人目)と選手たち=1956年11月、メルボルン(岩崎洋三氏提供) メルボルン五輪のボート競技エイト種目で準決勝に臨む日本代表、慶大クルーの衣非宏監督(右から3人目)と選手たち=1956年11月、メルボルン(岩崎洋三氏提供)

 メルボルン五輪での準決勝が始まった。1956年11月26日午後3時半。快勝した予選から3日後のことである。

 ボート競技のエイトは2千メートルでおよそ6分。「スタートをよくして前半で3分を切りたい。オーストラリア以外は離せるから、面白いレースになる」。監督の衣非(えび)宏は再び2位に食い込む思いでいた。

 だが、予想を超えた事態が起こる。会場のウェンドリー湖は川と違って穏やかだが、悪天候になると南極からの強風で湖面が荒れる。この日もクルーは天気を気にした。「強風がやまず、重苦しい空気が流れてきた。レース中も風の弱まるのを祈った」。衣非の狙い通り、日本とオーストラリアが先に出るが、ここから苦難が待ち受けていた。

 「このときほどオールに水がグッとひっかかり、ねっとりと引けたことはない。サッと水を割ってつかむ感じに見える方が前に進むと思った」と岩崎洋三は振り返る。

 湖の中央にさしかかると、徹底して軽量化を図ったボートが裏目に出た。横から強風が襲い、ボートは木の葉のように流される。コックスの江田利児が懸命にかじを引いてコースに戻ろうとするが、なかなか真っすぐに進まない。欧米の重量艇が軍艦のようにぐいぐいと先へ行く。結果は最下位の4位。予選より1分10秒以上も余計にかかった。

 予選の面影もなかったが、クルーに悔いはなかった。勝つこと以上の財産を五輪で得ることができたからだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング