産経ニュース

【日曜に書く】論説委員・山上直子 クニマス「復活の日」とは

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
論説委員・山上直子 クニマス「復活の日」とは

 8年前の3月、京都大学の中坊徹次教授(現名誉教授)の前に2匹の「小さな黒っぽいマス」が山梨県から届いた。

 「それを見てすぐにクニマスだとわかったなんて“伝説”が流布していますが、それ、ウソですから。クニマスは見てすぐにわかる魚じゃない」と、中坊さんは苦笑する。

 「サケ属の魚は似ています。ただ、尾びれが破損して産卵中でした。念のため捕った人に確認すると、深い湖底で産卵していた。ヒメマスの産卵は秋で、浅い場所です。だから、もしやと思ったんですよ」

 秋田県の田沢湖で絶滅したとされていたクニマスが、遠く山梨県の西湖で生きていた…そんな世紀の発見の端緒だった。

 生き延びた固有種

 久しぶりに中坊さんに会うと、ここ数年、監修でかかりきりになっていた図鑑「日本魚類館」(小学館)が20日に発売されたという。もちろん、サケ目サケ科には「クニマス」の項目があった。美しい写真を多く掲載したのが自慢で、見ると確かに産卵期の体色はかなり黒い。ところが、その下にある若魚の姿は輝くばかりの銀色だ。

続きを読む

「ニュース」のランキング