産経ニュース

【オリンピズム】メルボルンの風(中)負けたらどう弁解したらいいか

ニュース コラム

記事詳細

更新

【オリンピズム】
メルボルンの風(中)負けたらどう弁解したらいいか

勝った方が五輪出場となる決戦で京大(手前)を追う慶大=1956年8月12日、埼玉県戸田市の戸田ボートコース(岩崎洋三氏提供) 勝った方が五輪出場となる決戦で京大(手前)を追う慶大=1956年8月12日、埼玉県戸田市の戸田ボートコース(岩崎洋三氏提供)

 さらに勝負をかけたいが、ただ一人、先を行く京大の動きが見えるコックス(かじ取り役)の江田利児は目の前でこぐ加藤順一の「まだまだ」のひと声にうなずく。じっと耐えて力を蓄える漕手(そうしゅ)。残り200メートルで江田がラストスパートの号令。解き放たれたかのように渾身(こんしん)のこぎで京大と並び、ゴールへ飛び込んだ。

 判定は慶大の勝利。その差は「1尺」約30センチ。京大は先行しても慶大を警戒し、ペースを落とせず、疲れが最後に出た。悲願を達成したクルーたち。勝負を知る加藤のひと声も江田との練習の成果として伝説となった。=敬称略(蔭山実)

関連ニュース

「ニュース」のランキング