産経ニュース

【主張】国務長官の解任 米外交への信頼取り戻せ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
国務長官の解任 米外交への信頼取り戻せ

 ポンペオ氏はCIA長官として北朝鮮問題を重視し、核・ミサイルに対応する専門の組織を新設した。米朝首脳会談の調整を水面下で進めたともいわれる。

 北朝鮮との直接交渉という、重大かつ困難な役割を任される。過去の米朝交渉は不首尾に終わってきた。首脳会談に応じることを決断したトランプ氏の下で、北朝鮮の真意を見極めるのが仕事だ。

 日本政府も、新チームの行方を注視しながら、日米間の意見調整を急がなければならない。中国の海洋進出なども視野に、同盟の重要性を改めて確認し、米国のアジア重視姿勢を引き出すことが大事である。

 ティラーソン氏ら国際協調派が遠ざけられ、「米国第一」の名の下で極端な政策が加速することを危惧する。貿易政策も含め、安倍晋三首相はより率直な助言を行っていく必要がある。

「ニュース」のランキング