産経ニュース

【オリンピズム】メルボルンの風(上)これで日本も世界に認められた

ニュース コラム

記事詳細

更新

【オリンピズム】
メルボルンの風(上)これで日本も世界に認められた

メルボルン五輪のボート競技のエイト予選で、2位でゴールした日本代表=1956年11月、バララットのウェンドリー湖(岩崎洋三氏提供) メルボルン五輪のボート競技のエイト予選で、2位でゴールした日本代表=1956年11月、バララットのウェンドリー湖(岩崎洋三氏提供)

 「ひとこぎでたちまち感触がよみがえる」。あのときと同じ湖面。オーストラリアのメルボルンから西に車で2時間、バララットの街にあるウェンドリー湖に昔の仲間8人が集まった。2002年、ボート競技の世界マスターズに参加するためだった。

 1956年メルボルン五輪でボート競技のエイト種目に出場し、準決勝進出を果たした日本代表クルー。46年たってもオールをこぐ呼吸は乱れることなく、ボートは静かに滑るように湖の真ん中へと進んでいった。残る1人の思いも込めて…。

 クルーはその朝、メルボルンの空港に降り立った。監督の衣非(えび)宏、かじ取り役の江田利児、漕手(そうしゅ)の加藤順一、原正雄、武田泰彦、今村孝、比企能樹(よしき)、須永定博、渡辺靖国、岩崎洋三、補欠の佐々木亨の11人。戦後復興期にあった56年11月6日。4日に羽田をたって36時間近く、2度給油してようやくたどり着いたが、そのとき問題が起きる。

続きを読む

「ニュース」のランキング