産経ニュース

【話の肖像画】元バレーボール選手・川合俊一(1) 選手だったと知らない人も

ニュース コラム

記事詳細

更新

【話の肖像画】
元バレーボール選手・川合俊一(1) 選手だったと知らない人も

川合俊一さん (春名中撮影) 川合俊一さん (春名中撮影)

 〈テレビでおなじみの顔は、身長195センチの元バレーボール五輪選手。現在は日本ビーチバレーボール連盟会長として奔走している〉

 若い人の中には、僕がバレーボール選手だったと知らない人もいます。だけど、バレーをやっていたと知らないのに、僕のことを知ってくれているほうがいいんです。今の僕の活動を見てくれているんですから。

 ビーチバレーボールを盛り上げていこうと取り組んでいます。選手強化を考えたり、普及策を実行したりの毎日です。トヨタ自動車のビーチバレーボール部のゼネラルマネージャーも務めています。

 〈ビーチバレーは砂の上で行うバレーボール。平成8年のアトランタ五輪から五輪正式種目に採用された。最近では、バレーボールの全日本として北京五輪に出場した石島雄介選手や越川優選手らが東京五輪を目指してビーチバレーに転向した〉

 石島はトヨタ自動車に所属しました。神奈川県平塚市の海岸にあるビーチバレーのコートで練習していまして、どうしても練習ではなくて試合をしたがる。僕は「まだ早い」と言っていたのですが、何度も訴えるので、平塚の海岸で練習していた150センチ台の女子高生2人に頼んで対戦したら、コロッと負けました。

 インドアの6人制バレーとは要領が違うんです。ビーチバレーは相手のいない所にボールを落とす。足場は砂地です。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング