産経ニュース

【iRONNA発】黒田総裁が続投 日銀マンネリ人事をどう評価すべきか 飯田泰之

ニュース コラム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
黒田総裁が続投 日銀マンネリ人事をどう評価すべきか 飯田泰之

衆院議運委で所信を述べる日銀の黒田東彦総裁=2日 衆院議運委で所信を述べる日銀の黒田東彦総裁=2日

 黒田東彦(はるひこ)日銀総裁の続投が固まった。安倍晋三首相は「黒田総裁の政策は間違っていなかった」と評価したが、2%の物価目標や金融政策を正常化する「出口戦略」のタイミングなど、次の5年に待ち受ける難題は山積する。賛否が分かれる「マンネリ人事」の意味を問う。(iRONNA)

 意外性に乏しい今次の提案に「リスクを恐れた臆病な選択」と評される側面もあろう。それでも、この選択が日本経済において現実的かつ妥当なものであったと筆者は考えている。

 日銀総裁の再任は山際正道氏(昭和31~39年在任)以来であり、現行の日銀法の下では初めてのことだ。異例であることのみをもって、今回の再任を批判する議論もあるようだが、再任があり得るとの前例ができたことは望ましい。

 近年、金融政策に関する将来予想や政策姿勢・レジームといった数字だけではとらえられない要因が経済に大きな影響を与えるようになっている。一方で、平成25年4月の現体制発足時に掲げられた「2%のインフレ目標」の未達をもって、その責任を取るべきであるとの議論も根強い。

 ◆ない物ねだり

 日銀は当時、消費増税の景気へのダメージ、労働力プール(働く意思と能力のある労働者の数)をともに過小評価していた。そのため、25年の急速な資産価格・雇用、さらには物価上昇率の改善をもって「労働市場の逼迫(ひっぱく)による賃上げの本格化は目前であり、一時的な消費増税ショックを財政出動で支えれば、目標の達成はそう遠いことではない」と判断した。これが誤りであったことは言を俟(ま)たない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 黒田総裁が続投 日銀マンネリ人事をどう評価すべきか 飯田泰之

「ニュース」のランキング