産経ニュース

【正木利和のスポーツ茶論】平昌五輪で女性の時代の足音を聞いた 

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正木利和のスポーツ茶論】
平昌五輪で女性の時代の足音を聞いた 

セレモニーであいさつするカーリング女子日本代表主将の本橋麻里選手(左)。右は吉田知那美選手=2月27日午後、羽田空港 セレモニーであいさつするカーリング女子日本代表主将の本橋麻里選手(左)。右は吉田知那美選手=2月27日午後、羽田空港

 あさって8日は国際女性デー。べつに、アベノミクスの成長戦略の柱として首相がもう5年も前に打ち出した「女性が輝く日本」の成果が急に表れた、というわけでもあるまいが、このところ日本女子のスポーツ界での躍進はめざましい。

 平昌五輪の日本の4つの金メダルのうち、女子が獲得したのは3つ。そういえば、2016年リオデジャネイロ五輪の金メダルも12個のうち7個は女子が手にしたものだった。

 かつて、陸上競技を担当していたころ、日本女子がマラソンで世界と互角に戦えるようになった理由を指導者たちに聞くと、まず「男子の指導のノウハウを、女子に持ち込んだから」という答えがかえってきた。「俺についてこい」と日本女子バレーボールチームを率い、東京五輪の金メダルに導いた故大松博文監督のように、男性指導者が女性たちを引っ張って頂点に導くという伝統的な図式は、これからもずっと引き継がれてゆくのだろうと思っていた。

 しかし、平昌で時代は変わるということを思い知らされるできごとがあった。

続きを読む

「ニュース」のランキング