産経ニュース

【日曜に書く】〝不公平〟な南北合同チーム 真の敗者はIOCである 論説委員・別府育郎

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
〝不公平〟な南北合同チーム 真の敗者はIOCである 論説委員・別府育郎

2月14日、アイスホッケー女子の南北合同チーム「コリア」に声援を送る北朝鮮の応援団=韓国・江陵(共同) 2月14日、アイスホッケー女子の南北合同チーム「コリア」に声援を送る北朝鮮の応援団=韓国・江陵(共同)

勝者には何もやるな

 平昌五輪のフィギュアスケートで連覇を飾った羽生結弦は、帰国会見で自らへの褒美を問われ、「金メダルだけで十分」と話した。

 「勝者には何もやるな」とはアーネスト・ヘミングウェーの短編集の題である。「勝者に報酬はない」の訳もある。これをもじったか、「敗者には何もやるな」と読んだこともある。確か、ボクシングを題材とした漫画だった。作家の沢木耕太郎は「敗者をして真に敗れせしむるために……」と、「敗れざる者たち」を書いた。

 五輪は、ほんの一握りの勝者と、圧倒的多数の敗者の大会である。ただし敗者が、勝者を上回る印象を残すこともある。

 1964年の東京五輪マラソンの、円谷幸吉がそうだ。72年札幌五輪フィギュア銅のジャネット・リンもそうだったかもしれない。ベアトリクス・シューバの金メダルを覚えている人は少数派なのではないか。

スポーツの力

 ソチ五輪のフィギュアでは、浅田真央がショートプログラム(SP)冒頭のトリプルアクセル(3A)で転倒し、その後も失敗を繰り返して16位に沈んだ。フリーでは一転、3Aを見事に舞い降り、鬼気迫る演劇性でスタンドや茶の間の観戦者を遥(はる)かなる高みへいざなった。

 滑りきった浅田の涙が、忘れられない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 〝不公平〟な南北合同チーム 真の敗者はIOCである 論説委員・別府育郎
  • 〝不公平〟な南北合同チーム 真の敗者はIOCである 論説委員・別府育郎

関連トピックス

関連ニュース

「ニュース」のランキング