産経ニュース

【葛城奈海の直球&曲球】手柄も失敗も肉も皆で分かち合う

ニュース コラム

記事詳細

更新

【葛城奈海の直球&曲球】
手柄も失敗も肉も皆で分かち合う

 「東京でも野生の鹿や猪(いのしし)が食べられる」と聞けば、意外に思う人も少なくないだろう。激増した鹿による森林被害を食い止めたいと、3年前に狩猟免許を取得した。昨年末に念願だった銃砲所持許可を得て、この2月、ハンターとして初出猟を果たした。

 朝暗いうちに家を出て、向かったのは東京都檜原(ひのはら)村。犬を使った伝統的な巻狩(まきがり)を行う檜原大物クラブ(平野公一代表)の猟に参加させていただいた。狩猟への理解促進と後継者育成を図ろうと数年前から村外のハンターや見学者も積極的に受け入れている同クラブは、猟歴半世紀以上の大ベテランから「狩りガール」までが集う、活気あふれる猟友会だ。まずは参加者十数人が一堂に会して持ち場を決め、それぞれ「タツマ」と呼ばれる配置につく。初心者の私もいきなりひとりタツマに配され、緊張しつつも、照準の練習などをしながら獲物を待つ。静寂に包まれた雪の杉木立に、時折リスだけが元気に動き回っている。

続きを読む

「ニュース」のランキング