産経ニュース

【正論】私の憲法9条改正案を提示する 駒沢大学名誉教授・西修

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
私の憲法9条改正案を提示する 駒沢大学名誉教授・西修

駒沢大学名誉教授・西修氏(寺河内美奈撮影) 駒沢大学名誉教授・西修氏(寺河内美奈撮影)

 最初に、私の9条改正案を提示したい。

 「現行の第9条をそのまま残し、新たに第9条の2を加える。第9条の2

 (1)日本国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、自衛隊を保持する。

 (2)自衛隊の最高の指揮監督権は、内閣総理大臣に属し、自衛隊の行動については、文民統制の原則が確保されなければならない。

 (3)自衛隊の編成及び行動は、法律でこれを定める。」

≪2項と自衛隊明記は矛盾せず≫

 いうまでもなく、現行憲法の最大の問題点は、わが国の平和を維持するための安全保障条項を欠いていることと、自衛隊の合・違憲性をめぐり、果てしのない神学論争が続いてきたことである。

 この問題点を解決すべく、いくつかの改正案が提起されている。自民党では、自衛隊を憲法に明記することで案のとりまとめが進められているが、「戦力の不保持」を定めている9条2項を維持するのか、あるいは同項を削除するのかで、意見の対立がみられる。

 後者は「戦力の不保持」規定を残したまま自衛隊を明記することは、つじつまが合わないと主張する。しかし、この主張は正しくない。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング