産経ニュース

【オリンピズム】冷たい戦いを超えて(18)国民を敵に回したのは不誠実

ニュース コラム

記事詳細

更新

【オリンピズム】
冷たい戦いを超えて(18)国民を敵に回したのは不誠実

スピードスケート女子5000メートルで銅メダルを獲得したナタリア・ボロニナ(右)の胸には「OAR」の文字が浮かぶ=16日、江陵オーバル(ロイター) スピードスケート女子5000メートルで銅メダルを獲得したナタリア・ボロニナ(右)の胸には「OAR」の文字が浮かぶ=16日、江陵オーバル(ロイター)

 メダルを取ってもどこか喜ぶことはできない。ドーピング違反歴があると平昌五輪への出場が認められなかったロシア選手。参加できても国家の代表ではなく、「ロシアからの五輪選手(OAR)」として個人の資格になる。準備も練習もこれまでに経験したことのない厳しい状況に追い込まれた。異例の事態だ。

 「コーチもスタッフもいない。一緒に練習する仲間もいない」。大幅に参加選手の減ったスピードスケートの女子5000メートルで3位に入ったナタリア・ボロニナは孤軍奮闘の末に手にした銅メダルに涙した。「OAR」と呼ばれてもなじめず、海外の選手が練習で助けてくれても手放しで受け入れることができない。表彰式も五輪旗が揚がり、かつてのモスクワ五輪での西側諸国の裏返しになった。

 国家か個人か。五輪参加をめぐる問題はモスクワ五輪でも議論された。政府がボイコットを支持するなら、選手個人で参加できないものか。そう思いたくなるのだが、それは原則として不可能だ。

 五輪に選手団を派遣する権限を有するのは、国際オリンピック委員会(IOC)が公認する日本オリンピック委員会(JOC)などの各国のオリンピック委員会(NOC)で、選手らの参加登録を申請するのもNOCである。

 NOCが選手団派遣の際、人種や宗教、政治をめぐる理由で特定の選手を締め出すようなことがあれば、選手は提訴できる。NOCが五輪に参加しないと判断し、選手団を派遣しないと決定した場合は締め出されたことにならないため、提訴の対象とはならない。モスクワ五輪のボイコットはこの後者に相当すると伝えられた。

続きを読む

「ニュース」のランキング