産経ニュース

【清水満のスポーツ茶論】プロ60年目の王さんと宮崎の風景

ニュース コラム

記事詳細

更新

【清水満のスポーツ茶論】
プロ60年目の王さんと宮崎の風景

宮崎キャンプの会場入りするソフトバンク・王貞治球団会長=宮崎市、生目の杜運動公園(撮影・仲道裕司) 宮崎キャンプの会場入りするソフトバンク・王貞治球団会長=宮崎市、生目の杜運動公園(撮影・仲道裕司)

 巨人の宮崎キャンプは今年で60年目になる。1年目の1959年、新人で巨人入りした王貞治さん(現ソフトバンク球団会長)。つまり王さんにとっても、プロ入り60年目である。

 先週宮崎に行った。ソフトバンクのキャンプ地、市内にある生目の杜運動公園に王さんを訪ねた。当時の思い出を聞いた。

 「(高校の)テストが残っていて、本隊より2日遅れで合流だった。当時は飛行機もない。高千穂という列車で27時間くらいかかったんだ。床に新聞紙を敷いて寝た記憶もあるね」

 当時の新聞スクラップを見た。早実高の卒業試験が1月31日まであり、王さんは2月1日、東京駅午前11時発の急行高千穂で西下、翌2日の午後2時21分に到着した。27時間21分の長旅だった。「長嶋さんと同室だった」と記憶を呼び起こした。世界記録である868本塁打を打った投手、ボールカウント、球種を全て記憶している王さん。60年前の情景も鮮明である。

                 □   □

続きを読む

「ニュース」のランキング