産経ニュース

第33回「正論大賞」贈呈式 新保祐司氏「残っていく言葉紡ぐ」

ニュース コラム

記事詳細

更新


第33回「正論大賞」贈呈式 新保祐司氏「残っていく言葉紡ぐ」

正論大賞を受賞し、フジサンケイグループの日枝久代表(左)からブロンズ像を贈呈される新保祐司氏 =19日午後、東京都千代田区(福島範和撮影) 正論大賞を受賞し、フジサンケイグループの日枝久代表(左)からブロンズ像を贈呈される新保祐司氏 =19日午後、東京都千代田区(福島範和撮影)

 第33回「正論大賞」(フジサンケイグループ主催)の贈呈式が19日、東京・紀尾井町のホテルニューオータニで行われた。大賞を受賞した文芸批評家の新保祐司氏(64)に、日枝久フジサンケイグループ代表からブロンズ彫刻「飛翔」(御正進=みしょう・すすむ=氏制作)と賞金が贈られた。また、第18回正論新風賞を受賞した文芸評論家の小川栄太郎氏(50)と国際政治学者の三浦瑠麗氏(37)には、それぞれ岩崎正幸ニッポン放送社長と宮内正喜フジテレビジョン社長から、ブロンズ彫刻「ソナチネ」(小堤良一氏制作)が賞金とともに贈られた。

 音楽から文明・時代批評へと発展させる独自性が評価された新保氏は、言論活動における恩人の故西部邁氏らに謝意を述べた上で、「非才ながら日本文明の中における『静かで美しい重石(おもし)』として残っていく言葉を紡いでいきたい」と挨拶した。

 贈呈式には約500人が出席。安倍晋三首相がビデオメッセージで「決して色あせないのが『正論』だ。わが国の悠久の歴史や伝統、文化に裏打ちされた価値観は世の中がいかに変転しようとも揺らぐことはない」と祝意を寄せた。

このニュースの写真

  • 第33回「正論大賞」贈呈式 新保祐司氏「残っていく言葉紡ぐ」
  • 第33回「正論大賞」贈呈式 新保祐司氏「残っていく言葉紡ぐ」
  • 第33回「正論大賞」贈呈式 新保祐司氏「残っていく言葉紡ぐ」
  • 第33回「正論大賞」贈呈式 新保祐司氏「残っていく言葉紡ぐ」
  • 第33回「正論大賞」贈呈式 新保祐司氏「残っていく言葉紡ぐ」

「ニュース」のランキング