産経ニュース

【日曜に書く】論説委員・鹿間孝一 平昌と母校のジャンプ台に馳せる子供たちの夢

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
論説委員・鹿間孝一 平昌と母校のジャンプ台に馳せる子供たちの夢

銅メダルを獲得した高梨沙羅の1回目のジャンプ=12日、アルペンシア・ジャンプセンター(松永渉平撮影) 銅メダルを獲得した高梨沙羅の1回目のジャンプ=12日、アルペンシア・ジャンプセンター(松永渉平撮影)

 わが母校にはスキーのジャンプ台があった。

 北海道小樽市の道立小樽潮陵高校(旧制小樽中学)。校舎が建つ丘と、下にあるグラウンドとの高低差を利用した、20メートル級の小さな台だった。

 それでも台の上に立つと、高さと急傾斜に足がすくんだ。飛んだことはないが、ジャンプというのはとてつもない勇気のいる競技だと思った。

 戦争で消えたメダル

 日本で正式なジャンプ競技が行われたのは、大正12(1923)年に小樽で開催された第1回全日本スキー選手権大会である。優勝は16メートル10センチという記録が残っている。

 母校のジャンプ台がいつごろ設置されたかはわからないが、昭和初期には夜間練習のための照明がともされて、市民を驚かせたという。

 ここから数多くの名ジャンパーが育った。そのなかに安達五郎がいる。(以下、人名は敬称略で失礼します)

 小樽中学を卒業したばかりの安達は、1932年のレークプラシッド(米国)冬季五輪に19歳で出場し、8位に入った。世界が驚いた。

 日本が初めて冬季五輪に参加した前回のサンモリッツ(スイス)大会で、ジャンプでは最下位に終わった。それも優勝したノルウェーのタムスの記録73メートルに対して、39メートルと圧倒的な差があった。

続きを読む

「ニュース」のランキング