産経ニュース

【国語逍遥】(94)清湖口敏 広辞苑 国民的な「国語辞典」たれ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【国語逍遥】
(94)清湖口敏 広辞苑 国民的な「国語辞典」たれ

岩波書店の辞書「広辞苑」第七版 岩波書店の辞書「広辞苑」第七版

 国語辞典の広辞苑が大好きだ-と書けば、いぶかる読者も少なくなかろう。10年ぶりに改訂され、1月12日に発売されたばかりの広辞苑第7版をめぐって、多くの記載ミスが指摘されている。そんな辞書のどこが好きなのか、と。

 「しまなみ海道」の項では海道が経由する島の名を間違え、「LGBT」(性的少数者)の説明でも誤りが見つかった。発行元の岩波書店は2項目についてミスを認め、謝罪した。

 そういえば広辞苑には地理に関する誤記が多いようだ。平成20年刊の6版でも「芦屋」(兵庫県)や「薩摩川内」(鹿児島県)の項に事実誤認があった。

 驚いたのは「中華人民共和国」の地図で、台湾が中国の一部(台湾省)として記載されていた件だ。それも5版(10年刊)からで、“広辞苑好き”の私もこれには全く気づかなかった。日本国内や台湾から強い批判と修正要求が起きたにもかかわらず、岩波は「誤りとは考えない」と発表し、7版にも引き継いだ。

 4版(3年刊)から見出しに立てた「南京大虐殺」では、「日本軍が(中略)大量に虐殺し」云々(うんぬん)と書かれてあり、これも7版まで通している。どうみても中国の立場にだけ寄り添った内容で、反日をあおっているとしか思えず、日本の国益も損ねかねない。

続きを読む

「ニュース」のランキング