産経ニュース

【別府育郎のスポーツ茶論】松井秀喜と金本知憲 殿堂入りスラッガー2人の奇縁

ニュース コラム

記事詳細

更新

【別府育郎のスポーツ茶論】
松井秀喜と金本知憲 殿堂入りスラッガー2人の奇縁

松井秀喜氏(撮影・戸加里真司) 松井秀喜氏(撮影・戸加里真司)

 日米通算507本塁打の松井秀喜と1492試合連続フルイニング出場の鉄人、金本知憲が同時に野球殿堂入りを果たした。

 ともに40代、右投げ左打ちの外野手だが、片や巨人から大リーグへ、一方は広島から阪神へ。接点はあまりなさそうにみえる2人のスラッガーの奇縁を、少し知っている。

                □   □

 現役を引退したのはともに2012年である。この年のオフ、金本が日本記者クラブで行った引退記者会見で、司会を任じられた。

 いい言葉がたくさん記憶に残っている。

 「野球に人生をかけてやってきた」「自分よりバットを振っている選手はいないと思っていた」

 「練習のしんどさにリトルリーグをやめた。高校の野球部を脱走したこともある。何度でもやり直しはきく。何回でもチャレンジしてほしい」

 自身の1002連続打席無併殺の記録について聞かれると、「併殺崩れでセーフになっても、打率は下がる。それでも僕は全力で走ったと、一番胸を張れる記録なんです」。

続きを読む

このニュースの写真

  • 松井秀喜と金本知憲 殿堂入りスラッガー2人の奇縁

「ニュース」のランキング