産経ニュース

【ん!?】40年前に大流行したフリスビー、いつの間に学校教材に…

ニュース コラム

記事詳細

更新

【ん!?】
40年前に大流行したフリスビー、いつの間に学校教材に…

 事の始まりはドッジビー。ルールはほぼドッジボールで、球の代わりに柔らかいフリスビーを使う競技。長男が通う小学校の親子参加の公開授業で体験した。40年ぐらい前に大流行したフリスビー、いつの間に学校教材になっていたのだ!?

 そのあと、どこかの公園でプラスチック製の円盤おもちゃを買った。それなりに飛ぶ。子供もなかなか上手に投げる。浮遊感が楽しくて、投げ飽きなかった。それで、昔みたいなフリスビーはもう売ってないのかな…と探したら、なんと専門店が。東京・日暮里の「D.D.Jam」。すかさず訪問。店内は色とりどりの皿皿皿…で埋め尽くされている。よく見ると色だけじゃなくて大きさや形状も微妙に違う。数と種類の多さに圧倒されていると、店主の本田嘉貴さんがいろいろ教えてくれた。

 フリスビーは商品名で一般名はフライングディスク。「ドッジビー」の他にも「ディスクゴルフ」「フリースタイル」「アルティメット」といった公式競技が行われていて、それぞれに適したディスクがあるらしい。

 ディスクゴルフでは、番手違いのアイアンみたいに、飛びが異なるディスクを何枚も持ち歩いて投げ分けるとか。でも薄くて重い専用ディスクは「人に向かって投げたら危ない」。そこまで細分化しているのかぁ。お店はもう20年目。全国にファンを持つ老舗だ。フリスビーの奥深さを知りたい方はぜひ。

続きを読む

「ニュース」のランキング