産経ニュース

【主張】南北会談 文氏は「誘い水」に乗るな

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
南北会談 文氏は「誘い水」に乗るな

10日、ソウルの韓国大統領府で、北朝鮮の金与正・朝鮮労働党中央委員会第1副部長(左)から親書を受け取る文在寅大統領(AP) 10日、ソウルの韓国大統領府で、北朝鮮の金与正・朝鮮労働党中央委員会第1副部長(左)から親書を受け取る文在寅大統領(AP)

 韓国の文在寅大統領が、北朝鮮の対外的な国家元首である金永南氏や、金正恩朝鮮労働党委員長の特使で妹の金与正氏らと会談した。

 双方は平和と和解の雰囲気を維持し、対話や協力を活性化していくことで一致したという。

 さらに、北朝鮮側は正恩氏の親書を手渡し、文氏の訪朝を要請した。

 これらを、平昌五輪を契機とする南北対話の成果だといくら強調しても、韓国側が実質的に得られたものはあるか。北朝鮮側の一方的な成果ではないか。

 韓国や日本、さらに国際社会は北朝鮮の核・ミサイルの脅威に直面している。その状況を打開することにつながらない限り、南北対話の進展は有害でもある。

 文氏は現実の危機からいつまで目を背けるのか。

 北朝鮮は米朝枠組み合意など、過去の核合意をことごとく破棄し、核・ミサイル開発に突き進んできた。だからこそ、容易に交渉の席には着けない。対話のための対話は無意味だと日本政府も繰り返してきた。

 今は「最大限の圧力」をかけ、北朝鮮に政策を改めさせなければならない。それが多くの国の共通認識であり、米韓、日韓会談でも確認したはずである。

 そのなかで、拙速に南北対話を進めるのは、国連から制裁を科されている正恩氏に救いの手を差し伸べるに等しい。日米が呼びかけ、国際社会が進めてきた圧力強化の努力を台無しにする。

続きを読む

このニュースの写真

  • 南北会談 文氏は「誘い水」に乗るな

「ニュース」のランキング