産経ニュース

【主張】北方領土の日 ロシアの不誠実さ許すな

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
北方領土の日 ロシアの不誠実さ許すな

 2月7日は「北方領土の日」だ。日本固有の領土である四島を、ロシアが不法占拠したままになっていることを国民が改めて心に刻み、返還要求の力に結びつける機会となるべき日である。

 だが、ロシアはこの日を狙いすますように、北方領土で軍事演習を始めた。国後島で破壊工作を行う敵勢力を捜索し、阻止する作戦の訓練を行うという。

 日本国民の思いを嘲笑するかのような不誠実な態度を、看過することはできない。

 ロシア政府はこれより先、択捉島の民間空港を軍民共用とするよう命じる政令を出した。本格的な空軍部隊を駐留させる布石とみられている。国後、択捉には新型巡航ミサイルが配備された。軍事拠点化は北方領土の不法占拠を強めるものであり、認められない。

 北方領土での軍事演習について、河野太郎外相は遺憾であるとして抗議を申し入れた。

 それは当然だとしても、ロシアが形ばかりの抗議など意に介さないのは明らかだ。日本の対露政策が、相手から足元を見られるものとなってはならない。必要に応じ、現在の協議を打ち切る強い姿勢で臨むことを求めたい。

続きを読む

このニュースの写真

  • 北方領土の日 ロシアの不誠実さ許すな

「ニュース」のランキング