産経ニュース

【オリンピズム】冷たい戦いを超えて(16)またも政争の犠牲になり残念

ニュース コラム

記事詳細

更新

【オリンピズム】
冷たい戦いを超えて(16)またも政争の犠牲になり残念

米国のジョーン・ベノイト(共同) 米国のジョーン・ベノイト(共同)

 ロス五輪は史上最大規模となり、ボイコットも悪循環を象徴した。それは一方で強豪選手を締め出し、メダルの価値をめぐるスポーツ界の論議に影響した。ベノイトの強さを疑う者はいないが、もっとライバルがいたらレース展開はどうなっていただろうか。

 日本選手団団長で日本オリンピック委員会(JOC)委員長、柴田勝治はソ連のボイコットにこう語った。「米国に対するソ連の政治上、軍事上の大きな不信感がからんでいる。スポーツがまたしても政争の犠牲になるわけで残念でしかたない」。五輪への政治の影響は参加、不参加にかかわらず重い。=敬称略(蔭山実)

「ニュース」のランキング