産経ニュース

【黒沢潤のスポーツ茶論】平昌の白銀の世界を駆け抜ける英雄の姿が見たい

ニュース コラム

記事詳細

更新

【黒沢潤のスポーツ茶論】
平昌の白銀の世界を駆け抜ける英雄の姿が見たい

朝日に照らされる韓国北東部・江陵の鏡浦海岸に設置された五輪マーク。江陵ではスケート競技などが行われる =1月29日、韓国・江陵(早坂洋祐撮影) 朝日に照らされる韓国北東部・江陵の鏡浦海岸に設置された五輪マーク。江陵ではスケート競技などが行われる =1月29日、韓国・江陵(早坂洋祐撮影)

 2006年2月、イタリア・トリノ冬季五輪を取材した。スピードスケート男子1000メートルに登場し、個人で冬季史上初の“黒人金メダリスト”に輝いたシャニー・デービス(米国)の雄姿が忘れられない。

 レース後の記者会見で本人を直撃した。「米国内で人種差別を乗り越え、冬季スポーツ競技の頂点を極めたことをどう思うか?」。デービスは多くを語らなかったが、苦難を味わった末のメダル獲得だったことが彼の表情から見てとれた。

 2歳でローラースケートを開始。マイケル・ジョーダンに憧れ、黒人の子供たちがバスケに興じたころ、周囲の白人は白銀世界に挑戦したデービスを黒ビスケットにちなみ「オレオ」と呼んで侮辱した。青年時代には、職務質問する警官に下着の中を懐中電灯で照らされる屈辱も味わった。

 「白人優位」の米社会で、日々遭遇する人種差別が苛烈であればあるほど、彼は反骨心をみなぎらせ、ついには周囲を沈黙させる力を持った。

                 □  □ 

 トリノ五輪では、陸上の“はだしの英雄”アベベらを過去に輩出したエチオピアから、史上初めて冬季五輪に出場したスキー距離15キロのロベル・テクレマリアムも注目された。「雪の中のエチオピア人」が白い息を吐き、身をよじらせゴールを駆け抜けると、トリノの山に歓声が響き渡った。

続きを読む

「ニュース」のランキング