産経ニュース

【主張】「習思想」と憲法 個人独裁強化を懸念する

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
「習思想」と憲法 個人独裁強化を懸念する

 ただでさえ共産党の一党独裁体制である中国が、個人崇拝を進めるというのだろうか。

 習近平国家主席の名を冠した「思想」を、国の指導理念として憲法に明記しようとしていることである。

 集団指導制では飽きたらず、現役指導者に権威や権力を集中させるものだろう。

 軍事、経済などあらゆる面で、覇権主義的に振る舞う21世紀の大国が、民主主義とかけ離れた政治体制を強化しようとしている。国際社会への多大な影響を懸念せざるを得ない。

 憲法に記すのは、「習近平による新時代の中国の特色ある社会主義思想」という文言である。

 これが、昨秋の党大会で行動指針として規約に入れられたのに続き、このほど開かれた党中央委員会総会(2中総会)で憲法への明記が決議された。

 14年ぶりの改憲案として、3月の全国人民代表大会で採択されることが確実視される。

 習氏はこれまでも「反腐敗」を旗印とする汚職摘発の手法で政敵を排除し、権力集中を進めた。側近登用の動きも広がっている。

 改憲案には、汚職摘発に強い力を持つ国家監察委員会の設置も含まれる。対象は共産党籍を持たない政府職員にも及ぶ。「重大な政治改革」という位置づけだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング