産経ニュース

【オリンピズム】冷たい戦いを超えて(15)スポーツでも「原理主義」が優先

ニュース コラム

記事詳細

更新

【オリンピズム】
冷たい戦いを超えて(15)スポーツでも「原理主義」が優先

リオデジャネイロ五輪の開会式で入場行進するサウジアラビアの選手団。女性の姿も見られたが、まだ人数は限られている=2016年8月5日(AP) リオデジャネイロ五輪の開会式で入場行進するサウジアラビアの選手団。女性の姿も見られたが、まだ人数は限られている=2016年8月5日(AP)

 モスクワ五輪のボイコット論議は米国のジミー・カーター大統領を“震源”に世界へと広がった。だが、世界で最初にボイコットを決定した国はどこかと尋ねられて即答できる人はどのぐらいいるだろうか。ソ連軍のアフガニスタン侵攻から1週間後、1980年1月6日に態度を決めるという“速攻”だった。答えはサウジアラビアである。

 当時、フランス通信(AFP)は国営サウジ通信(SPA)をパリで傍受したとし、その内容をこう伝えた。

 《サウジアラビアはソ連のアフガン侵攻を理由に今夏のモスクワ五輪をボイコットすることを決めた。決定はサウジアラビア・オリンピック委員会が下し、ファハド皇太子の子息であるファハド委員長がこの決定を発表した。アフガンのイスラム同胞たちに五輪開催国のソ連が攻撃を仕掛けたことへの抗議という》

 サウジアラビアの決断の衝撃もまた大きく、日本オリンピック委員会(JOC)委員長の柴田勝治は「ボイコット第1号が出て残念だ。イスラム教国が同調することも考えられる」と話していた。

続きを読む

「ニュース」のランキング