産経ニュース

【蔭山実のスポーツ茶論】科学が伝えるストーリー 「スタットキャスト」がティーンエージャーの野球人気呼んだ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【蔭山実のスポーツ茶論】
科学が伝えるストーリー 「スタットキャスト」がティーンエージャーの野球人気呼んだ

 「数字が語る技術のストーリーをどう伝えるか」。スポーツ観戦の魅力を高めるためにデータを活用する動きが広まっていると聞いて、専門家の話を聞く機会に足を運んでみた。そのときに強く印象に残ったのが、この一言だった。

 「データを利用してより深くスポーツを理解する。データの持つ意味を視聴者は理解する必要があり、理解が深まれば、楽しみ方の幅が広がる。スポーツを文化としてより深く根付かせることができる」

 そう聞いて、デジタル時代で社会も文化も変容するいま、データ活用もスポーツ振興の柱として考えなければいけないと感じた。

 発端は米大リーグで2015年から始まった「スタットキャスト」にある。カメラやレーザーを駆使して試合中の打球や選手の動きを解析し、その結果を画面で紹介するシステムだ。

 球速や打球の飛距離といったこれまでのデータにとどまらず、投球の回転数、打球の速度や角度、走者の加速、野手の最初の一歩の速さ、捕球から送球までの時間と、計測対象は幅広く、まさに目の前の野球を完全に解剖していく。

続きを読む

「ニュース」のランキング