産経ニュース

【主張】仮想通貨の流出 安全対策がずさんすぎる

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
仮想通貨の流出 安全対策がずさんすぎる

コインチェックのNEMとビットコインの管理イメージ コインチェックのNEMとビットコインの管理イメージ

 顧客の資産を扱うのに値する会社なのか。

 不正アクセスにより過去最大となる約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した取引所の運営大手コインチェックである。

 看過できないのは、同社の安全対策に多くの不備があったことだ。ここに十分な手を打たないまま、26万人の顧客資産が奪われる事態を招いた責任は重い。

 その解明と対策がなければ、この分野の将来への期待は冷え込むことになるだろう。

 仮想通貨をめぐっては、投機的な思惑で価格が乱高下するリスクの大きさが指摘されてきた。4年前には、国内の取引所「マウントゴックス」で巨額のビットコインが消失する事件もあった。

 それでも仮想通貨とその技術が期待されるのは、ネットで取引される利便性の高さや手数料の安さなどのメリットがあるからだ。

 だが、自ら信頼性を高める努力をすべき取引所が、当たり前の安全対策すら実施していないというあきれた現実がある。

 業界を挙げて自主規制を強めるのはもちろん、政府も規制のあり方について再検討すべきだ。

 金融庁は改正資金決済法に基づく業務改善命令を出した。原因究明や管理体制の強化策を講じるよう求めたのは当然である。何よりも、26万人の顧客への返金などに万全を期さなくてはなるまい。

続きを読む

「ニュース」のランキング