産経ニュース

【日曜に書く】もっと野球を もっとキャッチボールを 論説委員・別府育郎 

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
もっと野球を もっとキャッチボールを 論説委員・別府育郎 

 ◆球春

 2月1日、プロ野球がキャンプインする。球界の正月である。海を渡る大谷翔平やプロ入りした清宮幸太郎ら新天地に挑む才能の近未来にも胸が躍る。

 社会人野球の名門、東京ガスでは、山口太輔さんが新監督に就任した。慶大時代は東京六大学で11本塁打の強打者。広報部勤務のころに知己を得、草野球で彼の猛烈なサードライナーをつかんでグラブの中の指3本を紫に腫らしたことがある。ゴルフで350ヤードのビッグドライブに驚嘆したこともある。スコアはなかなかまとまらないが。

 抱負は「都市対抗での優勝」と、「野球界の力になりたい。子供たちに野球を好きになってもらいたい」。昨年12月の就任直後、東京ガス大森グラウンドで大田区内の少年チームを対象とする野球教室を開いた。

 まず教えるのはキャッチボールだ。「捕りやすい所に投げ、足を動かして正面で捕る。相手の気持ちになる思いやり、優しさが大事だ」と。

 山口さんの原点もキャッチボールにある。ただ柔道家でもあった父は厳しく、胸に投げなくては捕ってくれない。それたボールは自ら拾いに走った。それが父子の対話であり、正しく投げることの楽しさ、うれしさを教えられた。監督としてこれからは、優しいばかりでなく、父の厳しさも必要となる。

 ◆夢の球場

 原田マハに「キネマの神様」という小説がある。作中、ギャンブルで身を持ち崩した主人公の父親が、ブログに映画評論を書く。例えば、「フィールド・オブ・ドリームス」。

続きを読む

「ニュース」のランキング